東京をすみずみまで住みよく楽しむためのウェブマガジン

【子育て・高齢者】千代田区のコロナ給付金・減免支援制度を解説

新型コロナウイルス感染症により、緊急事態宣言が発令されたりなど世の中が大きく変わっていますが、個人の生活にも影響が来ている方もいらっしゃるかと思います。
収入が減少してしまったり、失業をしてしまった方にとっては、日々の暮らしがままならず困窮の一方です。
そのため国や、東京都、各自治体では、新型コロナウイルス感染症により収入が大幅に減少した方や、感染してしまった方などに向けた支援制度を設けています。住居や保険の支払い、納税に関する制度、子育て世代の方向けの支援制度などがありますので、参考にしてみてください。

そこで今回は「千代田区のコロナ給付金・減免支援制度を解説」していきます。

また千代田区では、新型コロナウイルス関連情報にて、対象の方に向けた支援制度がまとめられています。こちらの記事に記載しているもの以外にも、支援制度がありますので合わせてご確認ください。

また千代田区では、相談窓口も設けています。上記一覧からご覧いただきご活用ください。

◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

※支援制度の情報は2021年1月時点のものです。

千代田区のコロナ給付金・減免支援制度

住居に関する支援制度をはじめ、子育て世代の方向けの制度、国民健康保険、後期高齢者医療保険、介護保険、納税に関する支援制度などを設けています。

各種要件や申請期限、申請方法などが決まっていますので、ご確認の上お手続きください。
また、各種支援制度についてはお問合せ先が違いますので、各項目からご確認ください。

住居・子育てに関する給付金・減免支援制度

・生活困窮者自立支援制度
・住宅使用料のお支払いが困難な方へ
・ひとり親世帯臨時特別給付金 ※令和3年2月26日まで
・九段下仮設診療所でのPCR検査について

それぞれの支援制度によって、要件や対象者、期間、申請方法などが違っています。各支援制度の項目に、詳細をご確認いただけるリンク先やお問い合わせ先をご用意していますの、しっかりとご確認ください。
また、その他の制度については、新型コロナウイルス関連情報をご参考ください。

1.生活困窮者自立支援制度

新型コロナウイルス感染症の拡大により、収入が減ってしまい、家計が苦しいなど、生活のことでお悩みはありませんか。生活の悩みごとや心配ごとについて、千代田区内にお住まいの方を対象に専門の相談支援員がお話を伺い、問題解決方法をご本人と一緒に継続的に考えていきます。ご家族や身近な方のご相談もお受けしています。少しでも困ったと感じたら、お早めに相談してください。

区内の賃貸住宅に居住・居住予定の方で、家賃の支払が困難な方へ「住居確保給付金」の制度があります。

【引用元・その他詳細】
くらしと仕事・家計に関する相談(生活困窮者自立支援制度)

主な支援内容

1.関係する制度や窓口のご説明・ご案内
2.関係機関への同行
3.住まいや仕事探しのお手伝い
4.生活を見直すためのアドバイスなど

相談から支援までの流れ(相談無料・秘密厳守)

こちらからご覧ください。

相談・申請先

保健福祉部生活支援課生活支援係

電話番号:03-5211-4126

2.住宅使用料のお支払いが困難な方へ

今般の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、住宅使用料の支払いが困難な場合は、お支払い方法等のご相談に応じますので、下記お問い合わせ先まで電話でご連絡ください。

感染拡大を防ぐ観点から、窓口にお越しになることはお控えください。ご協力をお願いします。

【引用元・その他詳細】
住宅使用料のお支払いが困難な方へ

区営・区民住宅にお住まいの皆さんへ

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、廃業や休職、休業等により、所得が減少した場合は、所得を再認定することにより、住宅使用料が変更になる場合があります。

所得の再認定

各月末日までに申請いただいた場合、翌月の使用料から反映されます。

申請方法

はじめにお問い合わせ先までお電話をいただき、その後区から申請書を送付します。詳細は、お問い合わせください。

お問い合わせ

千代田区 環境まちづくり部 住宅課 住宅管理係

電話番号:03-5211-3607
受付時間:月曜日~金曜日の平日午前8時30分~午後5時15分

3.ひとり親世帯臨時特別給付金 ※令和3年2月26日まで

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、子育てに伴う経済的負担の増加や収入の減少に対する支援のため、ひとり親世帯に臨時特別給付金を給付します。

基本給付、追加給付の2種類の給付があります。

【引用元・その他詳細】
ひとり親世帯臨時特別給付金について

対象者

(1)基本給付

ア 令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
イ 公的年金等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けていない方
公的年金等:遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等など
ウ 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

(2)追加給付

上記(1)基本給付のアとイに該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、家計が急変し、収入が大きく減少している方

なお、戸籍上ひとり親であっても、同一住所に単身の異性がいるなどして事実婚状態とみなされる場合は対象となりません。

給付金額

(1)基本給付

1世帯あたり5万円

第2子以降1人につき3万円加算

(注意) 再支給分についても同額です。

(2)追加給付

1世帯あたり5万円

申請方法

申請書や記入例についてはこちらからご確認ください。

申請期間

令和2年8月3日(月曜日)~令和3年2月26日(金曜日)

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども部子育て推進課手当・医療係

電話番号:03-5211-4230

4.九段下仮設診療所でのPCR検査について

PCR検査に関して医師に電話等で相談する前に

【引用元・その他詳細】
九段下仮設診療所でのPCR検査について

対象者

区民で風邪症状などのある方(在勤の方は、お住まいの保健所等にご連絡ください)
(注意) PCR検査を受けることができるのは、かかりつけ医が検査を必要と判断した方のみです。

料金

かかりつけ医(区内医師会所属の医療機関の医師)の診察は、基本的には電話等での診察でも受診扱いとなりますので、診察料が発生します。

注意事項

・九段下仮設診療所の検査を予約できるのは、区内医師会所属の医療機関のみです。
・電話相談する際には保険証をご用意ください(保険証番号等の確認が必要となります)。
・九段下仮設診療所の場所は、検査の予約の際にかかりつけ医からお伝えします。

申請期間

令和2年8月3日(月曜日)~令和3年2月26日(金曜日)

その他、詳細についてはこちらからご確認ください。

お問い合わせ

千代田保健所地域保健課健康企画係

電話番号:03-5211-8163

保険料・税金に関する制度

・千代田区国民健康保険での対応
・千代田区介護保険の対応
・新型コロナウイルスの影響で納税が困難な方へ

保険、納税に関する支援制度を記載しています。それぞれ申請期限や条件なども違っていますので、よく詳細をご確認の上お申し込みください。中には事前に相談が必要な支援制度もありますので、お気をつけてください。
その他の制度については、新型コロナウイルス関連情報をご参考ください。

1.千代田区国民健康保険での対応

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、来庁しなくても手続きができるよう国民健康保険に関する手続きは当面の間すべて郵便で受け付けるとともに、ご質問・ご相談につきましては原則電話で承ります。

極力来庁は控えていただきますようご理解、ご協力をよろしくお願いします。

【引用元・その他詳細】
千代田区国民健康保険での対応

(1)郵送による手続きの流れ

1. 手続きに必要な届出書・申請書の様式を郵送しますので、下記担当へお電話ください。

2. 様式がお手元に届き次第、速やかに記入いただきご返送ください。

・返信用封筒を同封しますので、必要書類を添えて区宛てに返送してください(切手は不要です)。
・必要書類については、国民健康保険(国保)の仕組みと手続きをご覧ください。
・書類に不備がある場合は電話で確認しますので、必ず日中に連絡がとれる電話番号をご記入ください。
・記入漏れや必要書類の不足があると、書類を返送するなど時間がかかります。区への提出前に十分な確認をお願いします。
・送付いただいた必要書類(資格喪失証明書や領収書等)は返却しませんので、十分にお気をつけください。
3. 区での審査が終わりましたら手続きの種類に応じて次のとおりお知らせします。

一覧表についてはこちらからご確認ください。

4. 手続き期間の延長

・国民健康保険に関する手続きは原則14日以内にお願いしていますが、新型コロナウイルスの影響でやむをえず遅れる場合は柔軟に対応します。
・手続きが遅くなったとしても、その事実が発生した日に遡って保険料の計算等を行います。

(2)国民健康保険に関する問い合わせ先

・届出書や申請書の郵送を希望される方は、下記担当へお電話ください。
・国民健康保険に関するご相談、ご質問も原則電話で承っています。極力来庁はお控えください。
・受付時間は平日午前8時30分から午後5時までです。
・担当は保険年金課国民健康保険係です。

一覧表についてはこちらからご確認ください。

保険料の納付に関するご相談は、電話で受け付けています

・新型コロナウイルス等の影響により保険料の納付が困難な場合は、納付の相談をお受けしますのでお電話ください。
・保険料の支払いは毎年6月末から始まるため、4月、5月の支払いはありません。ただし、3月に加入した方や分納約束をされている場合等は4月、5月の支払いが必要な場合があります。
・担当は保険年金課国民健康保険係、電話番号は03-3264-2111(内線2488、2489)です。

お問い合わせ

保健福祉部保険年金課国民健康保険係

電話番号:03-5211-4204

2.千代田区介護保険の対応

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業の廃止や生計の主である世帯主の収入の減少があった者を対象に、第一号被保険者の介護保険料減免申請を受け付けしています。

【引用元・その他詳細】
千代田区介護保険の対応について

対象となる方

以下の1および、2または3に該当する者

1.新型コロナウイルス感染症により、生計の主たる世帯主が死亡または、重篤な傷病を負った者。
2.新型コロナウイルス感染症の影響で、事業等を廃止した者。
3.新型コロナウイルス感染症の影響で、生計の主たる世帯主の事業収入等(給与収入・営業収入・不動産収入等の合計額)の減少が前年比30%以上見込まれる者(前年所得で上記以外の所得の合計額が400万円以上は除く)。

対象期間

令和2年2月1日から令和3年3月31日までの納期限(令和元年度から令和2年度まで)

申請の受付開始日

令和2年5月1日

お問い合わせ

提出していただく確認書類をご案内しますので、高齢介護課へお問い合わせください。

保健福祉部高齢介護課介護保険料担当

電話番号:03-5211-4224

3.新型コロナウイルスの影響で納税が困難な方へ

新型コロナウイルスの影響により、特別区民税・都民税、軽自動車税等を納期限までに支払うことが困難な場合は、徴収猶予の制度があります。

対象者

1.令和2年2月以降の期間(1か月以上)で、収入が前年同期に比べ概ね20%以上減少していること。
2.一時に納税をすることが困難であること。

対象となる税金

令和3年2月1日までに納期限がある特別区税(住民税・軽自動車税等)

(注意1) 特別区民税・都民税の普通徴収第4期分も猶予の対象になりました。
(注意2) 納期限を過ぎた税金は対象になりません。

申請方法

「徴収猶予申請書」に記載のうえ、千代田区役所税務課特別整理係に郵送してください。申請書には、収入の減少等がわかる書類のコピー等(下記参照)が必要となります。

(注意) 徴収猶予を申請する方で、現在口座振替により納税されている場合は、申請より前に至急ご連絡ください(口座振替の停止処理が間に合わなくなる場合があります)。

申請期限

猶予を受けようとする税金の納期限(納期限が延長された場合は延長後の納期限)まで

(注意1) 審査に当たっては、申請時点での申請者の経済状況を確認する必要がありますので、早くても翌月中までに納期限が到来する税金について申請してください。
(注意2) 電話・窓口等のお問い合わせ時間は、平日の午前8時30分から午後5時までです。

お問い合わせ

  • 地域振興部税務課特別整理係
  • 電話番号:03-5211-4194

千代田区のコロナ給付金・減免支援制度のまとめ

こちらでは「千代田区のコロナ給付金・減免支援制度」についてご紹介させていただきました。
生活に関する支援制度、子育て世代の方向けの制度、保険料、納税に関することなど、千代田区で受けられる支援制度をご用意しています。新型コロナウイルス感染症の蔓延により困窮している方や、お困りの方は支援制度を活用して見ることも大切です。

また、こちらに記載していない制度もあり、要件を満たしていれば受けられるものが多いので、ぜひ新型コロナウイルス関連情報もご確認ください。
相談窓口もございますので、お困りの方は参考にしてみてください。

◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

ぐでまめ

ぐでまめです♪東京のいろいろな情報を発信していきたいと思います!ぜひあなたの生活にお役立てください(*´︶`*)よろしくお願いします!

関連記事