東京をすみずみまで住みよく楽しむためのウェブマガジン

【子育て・高齢者】八王子市のコロナ給付金・減免支援制度を解説

新型コロナウイルス感染症の影響により、緊急事態宣言が発令されたりと日常が大きく変わってしまいました。
コロナの影響によって、失業してしまったり、収入が激減してしまった方などもおられ、生活が続かない…と困っている方がいらっしゃいます。そのため、国や東京都、各自治体では支援制度を設けてサポートを行っています。

そこで今回は「八王子市のコロナ給付金・減免支援制度を解説」していきます。

生活を支えるための制度やインフラ、子育て世代の方への支援制度、保険や税金に関する制度をご紹介しています。こちらの記事に記載している制度以外にも、新型コロナウイルス感染症対応(個人の方へ)から、お悩みの内容に合わせて支援制度をお探しいただけますので、ぜひあわせてご確認ください。

◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

※支援制度の情報は2021年2月時点のものです。

八王子市のコロナ給付金・減免支援制度

こちらの記事では八王子市の支援制度について、「住居・子育てに関する給付金・減免支援制度」と「保険料・税金に関する制度」の二つに分けて支援制度を記載しています。
国や東京都、八王子市独自の支援制度などがあり、新型コロナウイルス感染症によって困窮している方を様々な形でサポートしています。
各制度によって適用要件や申請期限、申請方法などが異なりますので、ご希望の制度の詳細やお問合せ先をしっかりとご確認の上、ご相談やお手続きを行ってください。

住居・子育てに関する給付金・減免支援制度

・住居確保給付金のご案内
・生活福祉資金貸付制度について
・新型コロナウイルス感染予防のため、妊婦さんを対象にタクシー券を配布します
・新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

こちらでは、生活や子育て世代の方向けに関する支援制度、インフラの支払い猶予、傷病手当金について記載しています。収入が減っている方や失業してしまった方に向けたサポート内容となっており、国や東京都、自治体独自が行っているものがあります。それぞれの支援制度の詳細は、しっかりとご確認いただき、申し込みや相談をされてください。

その他の制度については、新型コロナウイルス感染症対応(個人の方へ)にをご参考いただき、ご活用ください。

住居確保給付金のご案内

離職・廃業または離職・廃業と同程度まで減収し、住居を失う恐れのある方に対して、収入・資産等の一定の条件のもと、賃貸住宅の家賃相当額(上限あり)を原則3か月間貸主に市が直接支給する制度です。

※コロナ特例により求職活動等要件は、当面の間不要としておりましたが、令和3年1月より、求職活動等要件を満たすことが受給の要件となります。
※緊急事態宣言の間、求職活動要件についてはこれまでと同様とします。

【引用元・その他詳細】
住居確保給付金のご案内

新規・延長・再延長中(1か月目~9か月目)の受給者の求職活動要件

(1)離職・廃業(規則第3条第1号)

1.申請時のハローワークへの求職申込

2.常用就職を目指す就職活動を行うこと

3.月に1回以上の自立支援機関との面談等

4.月に2回以上のハローワークにおける職業相談等

5.週に1回以上の企業等への応募・面接の実施

(2)休業等(規則第3条第2号)

1.月に1回以上の自立支援機関との面談等

2.新規・延長・再延長の際、休業等の状況について自立支援機関へ報告

3.新規・延長・再延長決定時に、自立支援機関における面談を実施し、本人に応じた活動方針を決定する(プラン決定を前提)

住居確保給付金の対象となる方

住居確保給付金対象者チェックリストで要件に合致するかを確認してください

家賃支払日

原則月末に家賃を支給(月末が土日祝日の場合は直近の平日)
受理日が月の中旬以降の場合は、翌月分と合わせて翌月末日に2か月分をまとめて支給

支給額

共益費・管理費等は除きます。
住宅の貸主または貸主から委託を受けた事業者の口座に市が直接振込(代理納付)
支給できる家賃の上限額は以下の通りです。

単身世帯 53,700円
2人世帯 64,000円
3~5人世帯 69,800円
6人世帯 75,000円
7人以上世帯 83,800円

申請の流れ

住居確保給付金対象者チェックリストで要件の確認をお願いいたします。

(1)電話相談

事前にお電話でご相談をお願いいたします。
(生活自立支援課 042-620-7408 月~金(祝日除く)9:00~12:00、13:00~16:00)

(2)書類の作成

市ホームページから様式をダウンロードして作成してください。
貸主様への書類作成依頼、家賃支払日の交渉等もお願いします。
(様式をダウンロードできない場合は市から様式を郵送します。)
※消せるボールペンで記入しないでください。鉛筆は使用しないでください。 修正液は使用しないでください。

(3)書類の郵送

宛先 〒192-8501 八王子市元本郷町3-24-1 八王子市福祉部生活自立支援課)
※レターパックや特定記録郵便などでの郵送をおすすめします。

(4)書類の確認

書類が届き次第確認を行い、不足書類がある場合はご連絡いたします。
※現在多数の申請をいただいており審査に時間を要しています。
支給決定やご連絡にお時間がかかりますがご了承願います。

(5)審査

すべての書類が整ったら審査を開始します。
支給決定または不支給決定を郵送します。審査結果を貸主様へ連絡してください。

(6)活動報告

支給決定通知に同封している求職活動状況報告と収入報告書(減収の場合のみ)を翌月5日までに提出してください。

申請に必要な書類

申請書類チェックリストでご確認ください。(このチェックリストも一緒に郵送してください)

減収により申請される方

減収の方は以下の要件を満たしている場合に申請可能です。

・個人の意思にかかわらず、勤務日数や就労機会の減少を余儀なくされている

・申請日の属する月と前月を比較して減収している(2~3か月前からの減収でも可能)

該当する方は以下の書類をご用意ください。

・勤務日数が減少したことが分かるシフト表や事業所の休業等が分かる資料

・なにも用意できない場合は参考様式5-2就業機会の減少に関する申立書

※過去に、住居確保給付金を受給した方(他市町村での受給を含む)については、減収での再申請はできません

その他の詳細についてはこちらからご確認ください。

お問い合わせ

八王子市役所本庁舎福祉部生活自立支援課

電話番号 042-620-7408
受付時間 月曜日~金曜日(祝日除く) 9:00~12:00、13:00~16:00

生活福祉資金貸付制度について

新型コロナウイルス感染症の影響により生活資金にお困りの方に対して、緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を3月25日(水)から実施しています。

書類の記載漏れや、添付書類の不足などがあった場合、訂正、追加が必要になりますので、期日に余裕をもってご申請ください。

【引用元・その他詳細】
生活福祉資金貸付制度について

お問い合わせ

特例貸付内容の詳細はこちら、もしくは厚生労働省の設置した「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター」にお問い合わせください。

個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター 0120-46-1999 

受付時間 9:00~21:00(土日・祝日含む)

申請窓口

社会福祉法人八王子市社会福祉協議会

八王子市元本郷町3-24-1 B1階

電話番号 042-620-7496

電話受付時間 9:00~17:00(土日・祝日を除く)

申請については電話による相談と郵送による受付とさせていただいております。

来所はお控えいただきますようお願い致します。

新型コロナウイルス感染予防のため、妊婦さんを対象にタクシー券を配布します

新型コロナウイルス感染予防のため、妊婦さんを対象にタクシー券(500円券20枚)を配布
します。
配布および使用期限は、令和3年(2021年)3月31日 水曜日までです。
詳しくは下記リンク先よりご覧ください。

【引用元・その他詳細】
新型コロナウイルス感染予防のため、妊婦さんを対象にタクシー券を配布します

配布対象者

八王子市在住で令和3年(2021年)3月31日 水曜日までに妊婦面談を受けた妊婦の方

お手続き

1 妊婦面談を受けていない方(これから妊娠届を提出される方を含む)
  ・事前にご予約の上、保健福祉センターの妊婦面談にお越しください。タクシー券と「はち★ベビ
  ギフト」をお渡しします。

2 妊婦面談を受けている方
  ・事前にご予約の上、ご本人が保健福祉センターにお越しください。ご体調や出産の準備のこと等
  をお聞かせいただき、タクシー券をお渡しいたします。

※持ち物は、母子健康手帳・身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証等)・アンケートです。

 ご来所が難しい場合はご相談ください。

配布場所および時間

配布場所
  • 大横保健福祉センター(大横町11-35)
  • 東浅川保健福祉センター(東浅川町551-1)
  • 南大沢保健福祉センター(南大沢2-27フレスコ南大沢公共棟1階)
時間

月曜日から土曜日(祝日、年末年始を除く)の9時から17時まで 
※東浅川保健福祉センターは毎月第2月曜日の休館日を除く

有効期限・使用方法

  • 有効期限は令和3年(2021年)3月31日 水曜日までです。
  • 使用できるのは協力タクシーに限ります。
  • 交付を受けた妊婦ご本人が乗車する際に使用できます。
  • 乗車の際、協力タクシーの運転手に母子健康手帳を提示し、タクシー券をお渡しください。
    おつりは出ません。

お問い合わせ

医療保険部大横保健福祉センター(保健担当)
電話:042-625-9200 ファックス:042-627-5887

新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

八王子市国民健康保険の被保険者が新型コロナウイルス感染症に感染した場合又は発熱等の症状があり感染が疑われた場合に、その療養のため労務に服することができなかった期間(一定の要件を満たした場合に限る)、傷病手当金を支給します。
※支給を受けるためには、申請が必要です。申請を希望する場合は、必ず事前に電話でお問い合わせください。

【引用元・その他詳細】
新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

対象者

八王子市国民健康保険の被保険者で、新型コロナウイルス感染症に感染した場合又は発熱等の症状があり感染が疑われた場合に、療養のため労務に服することができない者(給与等の支払いを受けている者に限る)

支給期間

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間

支給額

(直近の継続した3カ月間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額)× 2/3 × 日数(支給対象となる日数)
※給与等の全部又は一部を受けることができる場合は、支給額の減額又は、支給できない場合があります。
※1日当たりの支給額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額の1/30に相当する金額の2/3に相当する金額(令和2年(2020年)6月1日現在、30,887円)を超えるときは、30,887円となります。

適用期間

令和2年(2020年)1月1日から令和3年(2021年)3月31日の間で療養のため労務に服することができない期間(ただし、入院が継続する場合等は最長1年6月まで)

お問い合わせ

医療保険部保険年金課給付担当
電話:042-620-7235(直通)

保険料・税金に関する制度

・納税が困難な方に対する徴収猶予について(国民健康保険税)
・納付が困難な方への介護保険料の減免
・納税が困難な方に対する徴収猶予について(市税)
・国民年金保険料免除等に係る臨時特例手続について

こちらでは、保険料や納税に関する支援制度をご紹介しています。失業してしまった方や収入が減ってしまった方にとっては、保険料などの支払いも負担となってしまいます。そのため減免や猶予制度などを設け、困窮している方をサポートしています。ぜひ参考にしていただき、相談や申し込みを行ってみてください。

その他の制度については、新型コロナウイルス感染症対応(個人の方へ)にをご参考ください。

1.納税が困難な方に対する徴収猶予について(国民健康保険税)

新型コロナウイルス感染症の影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、最長1年間、国民健康保険税の徴収の猶予を受けることができます。

担保の提供は不要です。猶予期間中の延滞金はかかりません。

なお、猶予期間内における途中での納付や分割納付など、状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。

【引用元・その他詳細】
納税が困難な方に対する徴収猶予について(国民健康保険税)

対象となる方

(1)(2)のすべてを満たす方が対象となります。

(1) 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べ概ね20%以上減少していること。
(2) 一時に納付することが困難であること。

対象となる国民健康保険税

令和3年2月2日から令和3年3月31日までに納期限が到来する国民健康保険税が対象になります。

※口座振替を利用している方へ

(1)納期限の20日前までに徴収猶予申請またはご連絡を頂いた場合は、当該納期限の期別から口座振替を廃止することができます。それ以降の納期分についても口座振替は廃止となります。

(2)再度口座振替を希望する場合は、改めて申請が必要となります。詳細については、保険収納課までお問い合わせください。

申請期間

納期限までに申請していただく必要があります。

申請手続等

・徴収猶予申請書に必要事項を記入していただき、収入や預貯金等の状況が分かる資料を添付して提出してください(提出が困難な方はご相談ください)。
・新型コロナウイルス感染拡大防止のため郵送での受付けとなります。書類の記入や添付書類等、申請手続きについてご不明な場合は、あらかじめお電話でご相談ください。

申請書等は、下記の宛先までお送りください。

郵便番号 192-8501
東京都八王子市元本郷町3-24-1
八王子市役所保険収納課猶予担当

その他の詳細についてはこちらからご確認ください。

お問い合わせ

医療保険部保険収納課
電話:042-620-7237 ファックス:042-626-8421

2.納付が困難な方への介護保険料の減免

新型コロナウィルス感染症の影響で収入が減少し、介護保険料の納付が困難になった第一号被保険者について、減免の制度が適用される場合があります。
詳しくは、下記の担当までお問い合わせください。

【引用元・その他詳細】
納付が困難な方への介護保険料の減免について

減免の対象となる被保険者

減免対象となる保険料の期間

令和2年(2020年)2月1日から令和3年(2021年)3月31日まで

減免される割合

減免事由により減免する割合が異なります。
減免金額は申請後に送付される減免決定通知書をご確認ください。

《減免事由1》死亡又は重篤な傷病の場合

対象となる期間の保険料全額

《減免事由2》事業収入等のうち、いずれかの減少額が前年の事業収入等の額の10分の3以上の場合

下表「減免割合一覧表」のとおり
こちらからご確認ください。

    提出書類

    減免の申請には、以下の書類が必要になります。
    また、提出書類などで減免理由が確認できず減免額の算定ができないなどがあった場合には、追加資料の提示を求める場合があります。
    なお、申請に際しては、保健所への医療情報の照会や所得金額などを確認するためのマイナンバーを活用した情報照会などを本市が行うことについての同意が必要です。

    上記2つの用紙は、本市ホームページよりダウンロードできます。また、電話で介護保険課保険料担当(電話042-620-7415)へご連絡くだされば、郵送します。

    添付書類(写し可)
    • 免事由1の場合

    主たる生計維持者が新型コロナウイルスにり患した事実が確認できる書類など
    (例:死亡診断(死体検案)書、医師の診断書など)

    • 減免事由2の場合(以下の1.から4.のすべてが必要です)
    1. 事業収入等の減少の原因が新型コロナウイルス感染症の影響と分かるもの
      (例:退職証明書、解雇通知書、雇用保険受給資格者証、廃業届、休業届など)
    2. 事業の内容が分かるもの
      (例:登記簿謄本など)
    3. 昨年(平成31年1月~令和元年12月)の収入が分かるもの
      (例:給与明細書、確定申告書の控え、市・都民税課税証明書など)
    4. 令和2年1月から申請する月までの収入が分かるもの
      (例:給与明細書、収入と必要経費が確認できる帳簿など)

    手続き方法等

    提出書類に必要事項をご記入の上、添付書類とあわせて、任意の封筒でご郵送ください。
    なお、減免に該当される方は、申請手続き前に介護保険課
    (電話042-620-7415)までお問い合わせください。

    お問い合わせ先

    福祉部介護保険課(保険料担当)
    電話:042-620-7415 ファックス:042-620-7418

    3.納税が困難な方に対する徴収猶予について(市税)

    新型コロナウイルス感染症の影響により税金の納付が困難な方を対象に、令和3年2月2日から令和3年3月31日までに納期限が到来する市税については、以下の徴収猶予制度を適用します。

    【引用元・その他詳細】
    納税が困難な方に対する徴収猶予について(市税)

    制度概要

    新型コロナウイルス感染症の影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、最長1年間、市税の徴収の猶予を受けることができます。

    担保の提供は不要です。猶予期間中の延滞金はかかりません。

    なお、猶予期間内における途中での納付や分割納付など、状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。

    対象となる方

    (1)(2)のすべてを満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず)が対象となります。

    (1) 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べ概ね20%以上減少していること。
    (2) 一時に納付、又は納入することが困難であること。

    対象となる市税

    令和3年2月2日から令和3年3月31日までに納期限が到来する、市民税・都民税、固定資産税・都市計画税、法人市民税、事業所税などの税目(証紙徴収の方法で納めるものを除く)が対象になります。

    ※徴収猶予を受ける税目で口座振替を利用している方へ

    (1)納期限の20日前までに徴収猶予申請またはご連絡を頂いた場合は、当該納期限の期別から口座振替を廃止することができます。その場合、以降の納期分についても口座振替は廃止となります。

    (2)再度口座振替を希望する場合は、改めて申請が必要となります。詳細については、納税課までお問い合わせください。

      申請期間

      対象となる市税の納期限までに申請が必要です。

      納期限までに申請できない特段の事情がある場合はご相談ください。

      申請書類

      徴収猶予申請書に必要事項を記入していただき、収入や預貯金等の状況が分かる資料を添付して提出してください(提出が困難な方はご相談ください)。
      新型コロナウイルス感染拡大防止のため郵送での受付けとなります。書類の記入や添付書類等、申請手続きについてご不明な場合は、あらかじめお電話でご相談ください。

      申請書等は、下記の宛先までお送りください。

      郵便番号 192-8501
      東京都八王子市元本郷町三丁目24番1号
      八王子市役所税務部納税課猶予担当

      お問い合わせ先

      税務部納税課
      電話:042-620-7224 ファックス:042-626-4640

      4.国民年金保険料免除等に係る臨時特例手続について

      新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などにより

      収入が相当程度まで下がったことで、国民年金保険料の納付が困難な方は、保険料の

      免除・納付猶予制度及び学生納付特例制度の臨時特例手続きをご利用ください。

      詳細については日本年金機構のホームページをご覧ください。

      www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.html(外部リンク)

      ※ 申請書等を直接提出していただくことも可能ですが、新型コロナウイルス感染症

      感染拡大防止の観点から、できる限り郵送による手続きをご利用ください。

      【引用元・その他詳細】
      国民年金保険料免除等に係る臨時特例手続について

      お問い合わせ先

      医療保険部保険年金課(国民年金担当)
      電話:042-620-7238 ファックス:042-626-8421

      八王子市のコロナ給付金・減免支援制度のまとめ

      こちらでは「八王子市のコロナ給付金・減免支援制度」についてご紹介させていただきました。
      生活や子育て世代の方に向けた支援制度、保険料や税金、インフラに関する支援制度などがあります。失業や収入減少でお困りの方など、コロナによって困窮した方を様々な角度からサポートをしています。それぞれの支援制度の詳細は、よくご確認いただき、申請や相談を行ってみてください。
      この他の支援制度については、新型コロナウイルス感染症対応(個人の方へ)もあわせてご確認ください。

      ◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

      ぐでまめ

      ぐでまめです♪東京のいろいろな情報を発信していきたいと思います!ぜひあなたの生活にお役立てください(*´︶`*)よろしくお願いします!

      関連記事