【子育て・高齢者】東村山市のコロナ給付金・減免支援制度を解説

新型コロナウイルス感染症により、失業してしまった方や収入が激減してしまった方など、生活に直結する問題が起きている方にとって、毎月生じる支払いなどは負担になっているかと思います。
「このまま生活が続けられない…」と困っている方は、ぜひ国や東京都、各自治体が立ち上げている支援制度をご覧ください。
国や東京都、各自治体では、新型コロナウイルス感染症によって困窮した方向けに、支援制度を立ち上げてサポートを行っています。

そこで今回は「東村山市のコロナ給付金・減免支援制度を解説」していきます。

生活を支えるための制度やインフラ、子育て世代の方への支援制度、保険や税金に関する制度をご紹介しています。こちらの記事に記載している制度以外にも、新型コロナウイルス感染症に関する情報から、お悩みの内容に合わせて支援制度をお探しいただけますので、ぜひあわせてご確認ください。

◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

※支援制度の情報は2022年1月時点のものです。

東村山市のコロナ給付金・減免支援制度

こちらの記事では東村山市の支援制度について、「住居・子育て・インフラに関する給付金・減免支援制度」と「保険料・税金に関する制度」の2つに分けて支援制度をご紹介しています。
国や東京都、自治体独自の支援制度などがありますので、新型コロナウイルス感染症の影響で困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいい。
各制度によって適用要件や申請期限、申請方法などが異なりますので、ご希望の制度の詳細やお問合せ先をしっかりとご確認の上、ご相談やお手続きを行ってください。

住居・子育て・インフラに関する給付金・減免支援制度

・住居確保給付金の支給
・住居確保給付金受給者臨時生活支援金
・生活福祉資金貸付制度のご案内

こちらでは、生活やひとり親世帯の方向けに関する支援制度、インフラの支払い猶予について記載をしています。新型コロナウイルス感染症の影響で困窮している方やお困りの方に向けたサポートで、国や東京都、自治体独自が行っているものがあります。それぞれの支援制度の詳細は、しっかりとご確認いただき、申し込みや相談をされてください。

その他の制度については、新型コロナウイルス感染症に関する情報にをご参考いただき、ご活用ください。

1.住居確保給付金の支給

離職などにより経済的にお困りで、住居を失った又は失うおそれのあるかたに対し、家賃相当分(上限あり)の住居確保給付金を支給することにより、これらのかたの安定した住居の確保及び就労機会の確保ができるよう専門の相談員が支援を行います。

(注記)令和3年1月7日に緊急事態宣言が行われたことにより、住居確保給付金の求職活動要件が、緊急事態宣言の期間中に限り再度緩和されることとなりました。詳しくは「ほっとシティ東村山」にお問い合わせください。

(注記)令和3年2月1日付で生活困窮者自立支援法施行規則が一部改正されたことにより、住居確保給付金「再支給」の要件が拡大されました。今回の改正により対象となるかたの再支給期間は最長3か月となりますが、住居確保給付金の利用が終了したかたで、再度利用を希望されるかたは「ほっとシティ東村山」にお問い合わせください。
なお、拡大された要件が適用される申請期間は令和3年3月31日までとなりますのでご注意ください。

【引用元・その他詳細】
住居確保給付金の支給

対象者

次の要件のいずれにも該当するかた

  1. 住宅事情要件
    離職等により経済的に困窮し、住居を喪失しているかた又は住居を喪失するおそれのあるかたであること。
  2. 離職及び就労状況の要件
    申請日において、離職、廃業の日から2年以内であること。または、給与等を得る機会が当該個人の責めに帰すべき理由、都合によらず減少し、離職又は廃業と同等程度の状況にあること。
  3. 申請者要件
    離職等の日において、その属する世帯の生計を主として維持していたこと。減収の場合、申請日の属する月において、その属する世帯の生計を主として維持していたこと。
  4. 求職活動要件
    公共職業安定所に求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと。                                       (注記)利用状況によって要件が異なりますので、詳しくはほっとシティ東村山にお問い合わせください。
  5. 収入要件
    申請日の属する月における申請者および申請者と同一世帯に属する者の収入の合計額が、基準額に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額を合算した額以下であること。
  6. 資産(預貯金等)要件
    申請日における、申請者および申請者と同一世帯に属する者の所有する金融資産(現金及び預貯金)の合計額が、表1の基準額の6倍(ただし100万円を超えないものとする)以下であること。再々延長期間(10から12か月目)については、表1の基準額の3倍(ただし50万円を超えないものとする)以下であること。
  7. 類似給付の受給要件
    国の雇用施策による給付又は地方自治体等が実施する住居を喪失した離職者に対する類似の給付を、申請者および申請者と生計を一にする同居の親族が受けていないこと。
  8. 申請者および申請者と生計を一にする同居の親族のいずれもが暴力団による不当な行為等に関する法律(平成3年法律第77条)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

詳細についてはこちらからご確認ください。

受給中の求職活動要件

支給決定がされたかたは、原則として以下の活動を行うことが必要となります。

  1. ハローワークに求職申し込みを行うこと。
  2. 常用就職を目指す就職活動を行うこと。
  3. 毎月1回以上、自立相談支援事業の就労相談員等による面接等の支援を受けること。
  4. 毎月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受けること。
  5. 原則週1回以上、求人先への応募を行う又は求人先の面接を受けること。

(注記)利用状況により特定の求職活動要件が免除される場合がありますので、詳しくは「ほっとシティ東村山」にお問い合わせください。
(注記)緊急事態宣言期間中については求職活動要件が通常と異なりますので、詳しくは「ほっとシティ東村山」にお問い合わせください。

支給額

住居確保給付金による家賃の支払いは月ごとにされます。

申請者および申請者と生計を一にする同居の親族の収入合計が、上記の表1に掲載された基準額以下の収入のかた 

 表2の上限額までの家賃相当額が支給されます。

申請者および申請者と生計を一にする同居の親族の収入合計が、上記の表1の基準額を超えるかた

 次に掲げる計算式により算出される金額を基に、表2の上限額以下の範囲で支給されます。
  
 支給額=基準額+実家賃額-世帯収入額

詳細についてはこちらからご確認ください。

支給期間

原則 3か月

ただし、支給期間中に常用就職ができなかった場合であって、受給中の就職活動要件を誠実に継続していた場合には、申請により、3か月を限度に支給期間を2回まで延長することができます(合計9か月まで)。

(注記)令和2年度中に住居確保給付金の申請されたかたについては、コロナ禍における特例として3回目の延長が可能となっております(最長12か月)。詳しくは「ほっとシティ東村山」にお問い合わせください。

申請に必要な書類

住居確保給付金の申請時に必要な書類は下記から参照及びダウンロードできます。

詳細についてはこちらからご確認ください。

ご予約・お問い合わせ

東村山市くらし・しごとサポートセンター「ほっとシティ東村山
電話:042-306-3427(直通)
ファックス:042-306-3428

<相談されるかたへ>
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、社会全体で可能な限り不要の接触を避ける努力が求められております。来所のご相談をされる前に、出来る限りお電話でご相談をいただきますようお願いいたします。
 また、現在、新型コロナウイルスの影響により、相談件数が増加しております。ご予約なく来所された場合、予約の方が優先となるため当日の相談が受けられない可能性がありますのでご注意ください。

2.住居確保給付金受給者臨時生活支援金

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う経済情勢の変化に鑑み、住居確保給付金の支給を受けている方に対し、住居確保給付金に含まれない共益費・管理費や光熱費等に相当する額を支給することにより、生活の安定を支援することを目的としています。

【引用元・その他詳細】
住居確保給付金受給者臨時生活支援金

支援対象者

東村山市内に居住し、令和2年10月1日から令和3年3月31日までの間に、東村山市から住居確保給付金の支給を受けている方。

(注記)
令和2年9月30日までに住居確保給付金の支給が終了した方は対象となりません。

支給額

単身世帯:1万8千円(月額)

複数世帯:3万円(月額)

支援期間

令和2年10月から令和3年3月までのうち、住居確保給付金の支給を受けている各月。

申請方法

住居確保給付金の申請の際に、併せて所定の申請書を提出していただきます。

(注記)
令和2年10月1日より前に住居確保給付金を申請した方に対しては、別途、通知等にて申請勧奨を行います。

支給方法

申請者本人名義の口座に振り込みます。

ご相談・お問い合わせ

東村山市くらし・しごとサポートセンター「ほっとシティ東村山
電話:042-306-3427(直通)

3.生活福祉資金貸付制度のご案内

東京都社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお困りの方々に向けた緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を、3月25日(水曜)より実施しています。
特例貸付の詳細についてはこちらをご覧ください。

【引用元・その他詳細】
生活福祉資金貸付制度のご案内

ご相談・お申込み窓口

東村山市社会福祉協議会 福祉資金担当
電話:042-394-6333
受付時間:午前9時から午後5時(平日)

本内容についてのお問い合わせ先につきましても社会福祉協議会までお願いします。

新型コロナウイルス感染症に対策伴う生活福祉資金貸付制度の対応について(東村山市社会福祉協議会)

保険料・税金に関する制度

・国民健康保険税の減免について ※2021年3月31日まで
・後期高齢者医療保険料の減免について
・第一号被保険者の介護保険料の減免について
・国民年金保険料免除・猶予等の特例について(新型コロナウイルス感染症関連)
・国民健康保険傷病手当金の支給について

こちらでは、保険料や納税に関する支援制度をご紹介しています。コロナの影響で収入などに影響が来ている方にとっては、毎月の保険料なども支払いが苦しくなってしまいます。お困りの方は参考にしてみてください。
それぞれの支援制度は担当部署なども違っていますので、お申込みやご相談の際には、お問合せ先などはしっかりとご確認ください。

その他の制度については、新型コロナウイルス感染症に関する情報をご参考ください。

1.国民健康保険税の減免について ※2021年3月31日まで

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した場合など一定の基準を満たしたかたは、申請により減額または免除になる場合があります。
(注記)今後、国や東京都から示される基準等の改正に伴い一部内容が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

【引用元・その他詳細】
新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免

減免対象となる世帯

1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、又は重篤な傷病を負った世帯

【減免に該当する要件】

死亡診断書、死体検案書、医師の診断書などによって、世帯の主たる生計維持者が新型コロナウイルス感染症により死亡または重篤な傷病を負ったことが確認できること。

【減免対象となる国民健康保険税】

・令和元年度国民健康保険税の令和2年2月分以降の額
 (令和元年度国民健康保険税第8期から)

・令和2年度国民健康保険税

【減額又は免除される額】

減免対象となる国民健康保険税の全額

【申請に必要な書類】

東村山市国民健康保険税減免申請書
死亡診断書、死体検案書、医師の診断書など

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入が前年と比べ一定以上減少する見込みの世帯

【減免に該当する要件】

次の(1)~(3)のすべてに当てはまる世帯
(1)世帯の主たる生計維持者の事業収入・不動産収入・山林収入・給与収入のいずれかの収入が、収入の種類ごとに見た場合に、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
(注)保険金や損害賠償等により補填されるべき金額がある場合は収入の減少額から控除します。
(2)世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること
(3)世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

【減免対象となる国民健康保険税】

・令和元年度国民健康保険税の令和2年2月分以降の額
 (令和元年度国民健康保険税第8期から)

・令和2年度国民健康保険税

【減額又は免除される額】

減免対象保険税額(A×B/C)×減免割合(d)
[世帯の被保険者全員にかかる保険税額](A)×[世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る前年の所得額](B)/[世帯の主たる生計維持者及び被保険者全員の前年の所得の合計額](C)に所得に応じた減免割合(d)をかけます)

【減免対象の保険税額(A×B/C)】

A:世帯の被保険者全員にかかる保険税額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る前年の所得額
C:世帯の主たる生計維持者及び被保険者全員の前年の合計所得金額

【減免割合(d)】

こちらからご確認ください。

【申請に必要な書類】

こちらからご確認ください。

対象外となる場合

非自発的失業による軽減に該当のかた

新型コロナウイルス感染症の影響により、会社都合で離職したかたについては、本減免ではなく、非自発的失業者の保険税軽減制度が適用になります。非自発的失業者の保険税軽減制度の申請がお済みでないかたは、申請してください。ただし、非自発的失業者の給与収入の減少に加えて、その他の事由による事業収入等の減少が見込まれるかたは、本減免についても申請対象となる場合があります。

非自発的失業者の保険税軽減については下のリンクをご覧ください。
 非自発的失業に伴う国民健康保険税の軽減について

その他の減免に該当のかた

その他の減免に該当しているかたは、原則、本減免の対象にはなりません。

申請方法

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、できる限り郵送での申請をお願いいたします。

1.上記の内容をご確認いただき、減免に該当される場合は、申請書および令和2年中収入(見込額)申告書をHP下部よりダウンロードしてください。必要事項をご記入いただき、該当する添付書類と併せて、下記まで郵送してください。

〒189-8501
東京都東村山市本町1-2-3
東村山市役所 保険年金課国保税係

2.印刷環境がないかたは、申請書を郵送いたしますのでお電話かメールにてご連絡ください。

お問い合わせ

健康福祉部保険年金課
市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)
ファックス:042-393-6846

2.後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した場合など一定の基準を満たしたかたは、申請により減額または免除になる場合があります。

詳しい条件等については、「東京都後期高齢者医療広域連合」のホームページをご覧ください。

東京都後期高齢者医療広域連合オフィシャルサイト 東京いきいきネット

【引用元・その他詳細】
新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免

申請方法

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、できる限り郵送での申請をお願いいたします。

1.上記の内容をご確認いただき、減免に該当される場合は、申請書および所得・収入状況表を上記「東京都後期高齢者医療広域連合」のホームページよりダウンロードしてください。必要事項をご記入いただき、該当する添付書類と併せて、下記まで郵送してください。

〒189-8501
東京都東村山市本町1-2-3
東村山市役所 保険年金課高齢者医療係

2.印刷環境がないかたは、申請書を郵送いたしますので、お電話かメールにてご連絡ください。

申請後の流れ

    申請後、減免の該当・非該当につきましては、東京都後期高齢者医療広域連合の決定を経て、後日通知をお送りします。

    お問い合わせ

    健康福祉部保険年金課
    市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)
    ファックス:042-393-6846

    3.第一号被保険者の介護保険料の減免について

    【引用元・その他詳細】
    新型コロナウイルス感染症の影響に伴う第一号被保険者の介護保険料の減免について

    減免の対象となるかた

    1. 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った世帯のかた
    2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の事業収入等(注記)1の減少が見込まれ、以下の「要件」すべてに該当する世帯のかた

    (注記)1:事業収入等…事業収入、不動産収入、給与収入または山林収入

    減免の要件

    世帯の主たる生計維持者について
    • 令和2年中の事業収入や給与収入など、収入の種類ごとに見た、いずれかの収入が令和元年中と比べて30%以上減少する見込みであること。
    • 減少が見込まれる収入以外の令和元年中の所得の合計額が400万円以下であること。

    減免対象保険料

    令和元年度及び令和2年度分の介護保険料で、納期限が令和2年2月1日から令和3年3月31日までのもの。

    普通徴収:令和元年度8期、随期分、令和2年度1期から8期、随期分
    特別徴収:令和元年度2月分、令和2年度4月分から2月分

    減免される金額

    こちらからご確認ください。

    お問い合わせ

    健康福祉部介護保険課
    市役所代表:042-393-5111(内線3133~3137、3143~3145)
    ファックス:042-395-2131

    4.国民年金保険料免除・猶予等の特例について(新型コロナウイルス感染症関連)

    【引用元・その他詳細】
    国民年金保険料免除・猶予等の特例について(新型コロナウイルス感染症関連)

    対象となるかた

    以下のいずれにも該当するかたが対象になります。

    1. 令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われた等により収入が減少したかた
    2. 令和2年2月以降の所得の状況からみて、所得見込額が、国民年金保険料免除基準相当になることが見込まれるかた

    (注記)失業や退職、事業の休廃止等により保険料の納付が困難な場合は、通常の国民年金保険料免除・猶予制度を利用できますので、今回の臨時特例の対象ではありません。

    申請の対象となる期間

    ・国民年金保険料免除・猶予申請
    令和元年度分(令和2年2月分から令和2年6月分まで)
    令和2年度分(令和2年7月分から令和3年6月分まで)

    ・学生納付特例申請
    令和元年度分(令和2年2月分から令和2年3月分まで)
    令和2年度分(令和2年4月から令和3年3月分まで)

    (注記)令和元年度分と、令和2年度分とで、それぞれ申請書の提出が必要となります。

    申請に必要なもの

    ・国民年金保険料免除・納付猶予申請
    国民年金保険料免除・納付猶予申請書
    所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))

    ・学生納付特例申請
    国民年金保険料学生納付特例申請書
    所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))
    学生証の写し

    申請先および問い合わせ先

    ・申請書類の提出先は、保険年金課年金係(本庁舎1階7番窓口)、あるいは、武蔵野年金事務所です。

    ・申請書類は直接提出いただくことも可能ですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、郵送でのご提出を活用ください。郵送についてご不明な点はお問い合わせください。

    保険年金課年金係  〒189-8501 東村山市本町1-2-3 
                  電話 042-393-5111(内線2546・2547)

    武蔵野年金事務所  〒180-8621 武蔵野市吉祥寺北町4丁目12番地18
                  電話 0422-56-1411(代表)

    5.国民健康保険傷病手当金の支給について

    東村山市の国民健康保険に加入し、給与収入を受けているかたで、新型コロナウイルス感染症に感染、または発熱等の症状があり感染が疑われ、仕事を休まざるを得なくなり、給与の全部または一部を受けることができなくなったかたに、傷病手当金を支給します。

    支給申請を希望するかたは、必ず事前に電話でお問い合わせください。

    申請は郵送でお願いします。

    【引用元・その他詳細】
    新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険傷病手当金の支給について

    対象者

    次の条件のすべてを満たすかた

    1. 東村山市の国民健康保険に加入しているかた
    2. 勤務先から給与収入をうけているかた
    3. 新型コロナウイルス感染症に感染、または発熱等の症状によりその疑いがあり、就労できなかった期間があるかた
    4. 就労できなかった期間について給与の全額または一部が支給されなかったかた

    対象者の判定については、下記リンク先よりご確認ください。

    注記 個人事業主のかたは、対象となりません。

    適用期間

    支給対象となる日数

    支給額

    直近の継続した3か月間の給与収入の合計額÷就労日数×3分の2×支給対象となる日数

    申請方法・お問い合わせ

    郵送にて申請をお願いします。

    ・申請先
    東京都東村山市本町1丁目2番地3
    健康福祉部保険年金課国保給付係

    ・お問い合わせ
    健康福祉部保険年金課
    市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)
    ファックス:042-393-6846

    東村山市のコロナ給付金・減免支援制度のまとめ

    こちらでは「東村山市のコロナ給付金・減免支援制度」についてご紹介させていただきました。

    生活やひとり親世帯方に向けた支援制度、保険料や納税、インフラ、その他の支援制度について記載をしています。新型コロナウイルス感染症の影響で「生活が大変」「なにか受けられる支援はあるかな」という気になっている方は、ぜひご活用ください。
    この他の支援制度や相談窓口については、新型コロナウイルス感染症に関する情報にまとめられていますので、こちらもあわせてご確認いただき、ご活用ください。

    ◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

    ぐでまめ

    ぐでまめです♪東京のいろいろな情報を発信していきたいと思います!ぜひあなたの生活にお役立てください(*´︶`*)よろしくお願いします!

    関連記事