東京をすみずみまで住みよく楽しむためのウェブマガジン

【子育て・高齢者】小平市のコロナ給付金・減免支援制度を解説

「コロナの影響で収入が減ってしまった…」「失業して生活に困っている」「コロナ関連の支援制度を探している」「何か受けられる支援制度はある…?」など、新型コロナウイルス感染症の影響でお困りの方のために、こちらでは国や東京都、各自治体が立ち上げている支援制度をご紹介しています。
様々な角度からサポートを行っていますので、お困りの方は参考にしてみてください。

そこで今回は「小平市のコロナ給付金・減免支援制度を解説」していきます。

生活を支えるための制度やインフラ、子育て世代の方への支援制度、保険や税金に関する制度をご紹介しています。こちらの記事に記載している制度以外にも、【新型コロナウイルス感染症】給付金、申請・申告、事業者向けの情報から、お悩みの内容に合わせて支援制度をお探しいただけますので、ぜひあわせてご確認ください。

また、相談窓口なども設けらえていますので、上記リンク先よりご覧ください。

◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

※支援制度の情報は2021年2月時点のものです。

小平市のコロナ給付金・減免支援制度

こちらの記事では小平市の支援制度について、「住居・子育て・インフラに関する給付金・減免支援制度」と「保険料・税金に関する制度」の2つに分けて支援制度をご紹介しています。
国や東京都、自治体独自の支援制度などがあり、新型コロナウイルス感染症によって困窮している方を様々な形でサポートしています。
各制度によって適用要件や申請期限、申請方法などが異なりますので、ご希望の制度の詳細やお問合せ先をしっかりとご確認の上、ご相談やお手続きを行ってください。

住居・子育て・インフラに関する給付金・減免支援制度

・住居確保給付金
・緊急小口資金等の特例貸付

こちらでは、生活やひとり親世帯の方向けに関する支援制度、インフラについて記載をしています。生活をサポートする制度なので、コロナの影響で今までのような暮らしが続けられない…という方は参考にしてみてください。

その他の制度については、【新型コロナウイルス感染症】給付金、申請・申告、事業者向けの情報にをご参考いただき、ご活用ください。

1.住居確保給付金

離職、廃業等で収入が少ないなど一定要件を満たし、住居を喪失した方または住居を喪失するおそれのある方を対象に、住居確保給付金を支給するとともに、再就職に向けた支援を行っています。令和2年4月20日より対象者の要件が拡大されています。住居確保給付金を受給するには申請が必要です。

【引用元・その他詳細】
離職等で賃貸住宅の家賃の支払いがお困りの方

支給額

次の額を上限として実家賃分を支給

単身世帯 月額53,700円
2人世帯 月額64,000円
3人~5人の世帯 月額69,800円

(注)6人以上の世帯はお問い合わせください。

支給期間

原則3か月(一定の要件を満たせば最大9か月可能)

支給要件

次の1~8すべての要件に該当する方が対象となります。

  1. 離職や廃業の日から2年以内、または個人の責めに帰すべき事由、都合によらないで収入が減少し、就労の状況が離職または廃業の場合と同等程度の状況にある方
  2. 離職等の前に自らの労働により賃金を得て、主として世帯の生計を維持していた方(離職等の前は主たる生計維持者ではなかったが、その後離婚等により、申請時に主たる生計維持者となっている方も対象となります)
  3. 就労意欲があり求職活動等を行う方
  4. 離職等により住宅を喪失、又は賃貸住宅に居住しているが住宅を喪失するおそれのある方
  5. 申請を行った月における申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族の収入の合計額が次の金額である方(離職等により申請日の属する月の翌月から以下の金額に該当することが明らかな方も対象となります)
    •   単身世帯:84,000円に1か月あたりの家賃額(53,700円を上限)を加算した額以下
    •   2人世帯:130,000円に1か月あたりの家賃額(64,000円を上限)を加算した額以下
    •   3人世帯:172,000円に1か月あたりの家賃額(69,800円を上限)を加算した額以下
    •   4人世帯:214,000円に1か月あたりの家賃額(69,800円を上限)を加算した額以下

      (注)5人以上世帯はお問い合わせください。

  6. 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族の預貯金の合計が、次の金額である方
    •   単身世帯:504,000円以下
    •   2人世帯:780,000円以下
    •   3人以上世帯:1,000,000円以下
  7. 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族が、国の雇用施策による貸付・給付を受けていない方
  8. 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族が暴力団員でない方

(注) 支給期間中は、正社員などへの就労に向けた就職活動を行っていただきます。

申請・相談

住居確保給付金の申請や相談は、小平市社会福祉協議会のこだいら生活相談支援センターで行っております。

・こだいら生活相談支援センター
電話番号:042-349-0151
受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日及び年末年始を除く)

2.緊急小口資金等の特例貸付

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で当面の生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸し付けを実施しています。

新形コロナウイルス感染症の発生による休業や失業等により、一時的または継続的に収入が減少した世帯を対象として、生活福祉資金貸付制度における福祉資金(緊急小口資金)及び総合支援資金(生活支援費)について特例措置が設けられました。

【引用元・その他詳細】
新型コロナウイルス感染症の影響による休業等で生活資金にお悩みの方へ

相談コールセンター

この特例貸付に関するお問い合わせを受け付ける専用ダイヤル「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター」が開設されました。

基本的な内容に関しては以下のコールセンターをご利用ください。

電話番号:0120-46-1999

受付時間:午前9時から午後9時まで(土日祝日を含む)

受付窓口

小平市社会福祉協議会

(注)ご相談は、原則として予約制です。

(注)お申込みに必要な書類がありますので、詳しくはお問い合わせください。

保険料・税金に関する制度

・国民健康保険の諸手続きが困難な場合
・国民年金保険料納付が困難な方へ
・市税の納付が困難な方へ

こちらでは、保険料や納税に関する支援制度をご紹介しています。困窮している方にとっては、これらも負担となってしまいますので、国や東京都、自治体では支援制度を設けています。
それぞれ担当部署やお問合せ先も違っていますので、お申込みやご相談の際には、詳細をしっかりとご確認ください。

その他の制度については、【新型コロナウイルス感染症】給付金、申請・申告、事業者向けの情報にをご参考ください。

国民健康保険の諸手続きが困難な場合

保険証等の諸手続きについては、原則14日以内に届出を行うこととなっていますが、新型コロナウィルス感染症で届出が困難な方は、14日経過後も届出を受付いたします。

市では、保険証など(東京都国民健康保険被保険者証、高齢受給者証、限度額適用認定証)の諸手続き(新規取得、喪失、変更)については、原則14日以内に届出を行うこととなっています。

 しかし、新型コロナウィルスの感染拡大防止のためやむを得ない場合については、14日経過後の届出も受付をいたします。

 ご不明点についてはお問合せください。

【引用元・その他詳細】
新型コロナウィルス感染症で国民健康保険の諸手続きが困難な場合

お問合せ

保険年金課国民健康保険担当
電話:042-346-9529
FAX:042-346-9513

国民年金保険料納付が困難な方へ

国民年金保険料の納付が一時的に困難な場合、保険料免除(猶予)制度をご利用することができます。郵送での申請をお願いいたします。

令和2年5月1日より、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う臨時特例措置が開始されました。詳しくは、各リンクからご確認ください。

【引用元・その他詳細】
新型コロナウイルス感染症関係で国民年金保険料納付が困難な方へ

お問い合わせ先

・武蔵野年金事務所
 0422-56-1411(代表)

・ねんきん加入者ダイヤル
 0570-003-004(ナビダイヤル)
 03-6630-2525(050から始まる電話から)

市税の納付が困難な方へ

【引用元・その他詳細】
新型コロナウイルス感染症の影響で市税の納付が困難な方へ

納税相談

    市税を納期限内に納付できない場合は、収支の状況などをお伺いした上で、今後のご納付についてご相談させていただきます。

    猶予制度

    徴収の緩和制度として納税者から申請する猶予制度には、「徴収の猶予」と「換価の猶予」があります。猶予期間は原則1年以内になります。

    徴収の猶予

    徴収の猶予は、納税者の個別的な事情に即応して弾力的に市税の徴収を図ろうとする制度です。納税者に災害、病気等の事情がある、事業を休廃止した場合などで一時に納税ができない場合に認められることがあります。

    ◆その他の詳細についてはこちらからご確認ください。

    お問い合わせ

    収納課収納担当
    電話:042-346-9527
    FAX:042-342-3313

    小平市のコロナ給付金・減免支援制度のまとめ

    こちらでは「小平市のコロナ給付金・減免支援制度」についてご紹介させていただきました。

    生活や子育て世代の方に向けた支援制度、保険料や納税、インフラ、その他の支援制度などがあります。コロナの影響で暮らしに困っている方は、参考にしていただきご活用ください。

    この他の支援制度や相談窓口については、【新型コロナウイルス感染症】給付金、申請・申告、事業者向けの情報にまとめられていますので、こちらもあわせてご確認ください。

    ◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

    ぐでまめ

    ぐでまめです♪東京のいろいろな情報を発信していきたいと思います!ぜひあなたの生活にお役立てください(*´︶`*)よろしくお願いします!

    関連記事