東京をすみずみまで住みよく楽しむためのウェブマガジン

【子育て・高齢者】世田谷区のコロナ給付金・減免支援制度を解説

新型コロナウイルス感染症の蔓延によって、緊急事態宣言が発令されるなど、日々の暮らしが大きく変わってしまいました。中には失業をしてしまった方や、収入が激減してしまった方もおられ、日々の暮らしの維持も大変な状況です。
そのため、国や東京都、世田谷区では新型コロナウイルス感染症によって困窮した方のために、支援制度を立ち上げています。

そこで今回は「世田谷区のコロナ給付金・減免支援制度を解説」していきます。

こちらの記事に記載しているもの以外にも、世田谷区のホームページからお悩みの内容に合わせて支援制度をお探しいただけます。世田谷区独自のサポートなどもありますので、合わせてご確認ください。

◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

※支援制度の情報は2021年2月時点のものです。

世田谷区のコロナ給付金・減免支援制度

こちらの記事では世田谷区の支援制度について、「住居・子育てに関する給付金・減免支援制度」を記載しています。
国や東京都、世田谷区独自の支援制度などがあり、新型コロナウイルス感染症によって困窮している方を様々な形でサポートしています。
各制度によって適用要件や申請期限、申請方法などが異なりますので、ご希望の制度の詳細やお問合せ先をしっかりとご確認の上、ご相談やお手続きを行ってください。

住居・子育てに関する給付金・減免支援制度

・住居確保給付金(就労支援と家賃助成)
・中学3年生の子どもへの新生活応援
・緊急小口資金等の貸付(特例貸付)
・総合支援資金 生活支援費(特例貸付)

こちらでは、生活や子育て世代の方向けに関する支援制度、貸付、傷病手当金について記載しています。収入が減っている方や失業してしまった方に向けたサポート内容になっており、国や東京都、世田谷区独自が行っているものなので、それぞれの支援制度の詳細はしっかりとご確認ください。その他の制度については、世田谷区のホームページにをご参考いただき、ご活用ください。

1.住居確保給付金(就労支援と家賃助成)

離職後2年以内の方で、住まい(賃貸)を喪失するか、喪失のおそれのある方に、就労支援とともに、3ヶ月間の家賃助成を行います。
令和2年4月20日より、対象者が拡がり、休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方も給付対象となります。
詳細については、「世田谷区社会福祉協議会ホームページ」「住居確保給付金」の項目をご覧ください。
現在、新型コロナウイルス感染症の感染予防で外出自粛をお願いしている期間であるため、郵送にて申請受付を行っております。
※詳細は、下記申請窓口の「ぷらっとホーム世田谷」でへお問い合わせください。

【引用元・その他詳細】
住居確保給付金(就労支援と家賃助成)

支給対象の方

以下のすべての項目に該当する方です。

  1. 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれがあること。
  2. 離職等の日から2年以内であること。
  3. 離職等の日において、その属する世帯の生計を主として維持していたこと。
  4. 公共職業安定所(ハローワーク)に求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと。
  5. 申請を行う月に、申請者及び申請者と同一の世帯に属する方の収入の合計額が、「基準額(※)」に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額(上限額あり)を合算した額以下であること。
    (※)「基準額」:市町村民税が非課税となる収入額の12分の1
    (世田谷区では単身世帯の場合8.4万円、2人世帯の場合13万円、3人世帯の場合17.2万円等)
  6. 申請を行う月に、申請者及び申請者と同一の世帯に属する方の金融資産の合計額が「基準額」×6以下であり、かつ、100万円以下であること。
  7. 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族が、職業訓練受講給付金等、国の雇用政策による給付等を受けていないこと。
  8. 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族のいずれもが「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)に規定する暴力団員ではないこと。 

支給を受ける条件

  1. 毎月2回以上、公共職業安定所の職業相談を受けていただきます。
  2. 週1回(月4回)以上、求人先へ応募又は求人先の面接を受ける必要があります。
  3. 毎月4回以上、区の「ぷらっとホーム世田谷」の就労支援員との面接を受けていただきます。

・現在、新型コロナウイルス感染症の感染予防で外出自粛をお願いしている期間であるため、就職活動の報告は電話等で対応させていただいております。詳しくは「ぷらっとホーム世田谷」の支援員へ確認してください。

支給額・支給期間

・生活保護法の住宅扶助額を上限に、家賃の助成をいたします。
・支給期間は、申請の翌月または、引越し月の翌月から最長3か月間です。ただし、一定の要件により延長できる場合があります。

支給方法

住宅の貸主又は貸主から委託を受けた事業者の口座に振り込みます。

申請から支給までの主な流れはこちらからご確認ください。

提出先・問い合わせ先

ぷらっとホーム世田谷

電話番号:03-3419-2611

生活福祉課

電話番号:03-5432-2931

2.中学3年生の子どもへの新生活応援

新型コロナウイルスの感染拡大の影響をふまえ、世田谷区では、経済的にお困りのご家庭のお子さんを支援する取り組みを行っています。

その一つとして、生活保護受給世帯および就学援助受給世帯(全費目支給)の中学3年生のお子さん一人につき、区内共通商品券3万円を支給いたします。

【引用元・その他詳細】
中学3年生の子どもへの新生活応援

対象となるお子さん

(1)(2)のいずれかに該当する世帯の中学3年生

(1)生活保護受給世帯(補足1)

(2)令和2年度就学援助受給世帯(全費目)

(補足1)令和2年9月1日時点で生活保護を受給している、もしくは、令和2年9月2日以降に生活保護の受給が決定した世帯

(補足2)給食費のみ支給されている就学援助受給世帯は対象ではありません。

支給内容

1に該当するお子さん一人につき、区内共通商品券3万円

事前通知の送付

申請は不要です。1に該当するお子さんのいるご家庭に、事前に通知を送付します。区内共通商品券の支給を希望しない場合は、子ども家庭課応援給付担当03-5432-2237までご連絡ください。

お問い合わせ

世田谷区子ども家庭課 応援給付担当
TEL:03-5432-2237(平日8時30分~17時15分、11~12月は平日8時30分~18時)

3.緊急小口資金等の貸付(特例貸付)

この度の新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお困りの世田谷区民の方を対象に、緊急小口資金等の特例貸付を実施します。

特例貸付には「緊急小口資金」と「総合支援資金生活支援費」の2種類があります。
これらは東京都社会福祉協議会が行う貸付制度であり、世田谷区社会福祉協議会が受付事務を行っています。
「緊急小口資金」と「総合支援資金 生活支援費」は、同時に申請することができません。各制度の内容をご確認のうえ、ご希望の制度にお申込みください。

※詳細は、世田谷区社会福祉協議会ホームページ「新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお困りの皆さまへ(特例貸付のご案内)」をご確認ください。

【引用元・その他詳細】
緊急小口資金等の貸付(特例貸付)

貸付対象

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を必要とする世帯で、次の要件を満たす方が対象となります。

・世田谷区に住民登録があること

・現在、生活保護を受給(申請)していないこと

・20歳以上であること(未成年の場合、婚姻または親権同意があれば貸付対象となります)

※他区市町村の社会福祉協議会で今回の特例貸付を既に受けている世帯は対象外です。

貸付内容

・貸付額 20万円以内(一括交付)
・貸付金交付 事務局が東京都社会福祉協議会に申請書類を送付した日から、金融機関の7営業日程度
・措置期間 1年以内
・返済期間 2年以内(24回以内)
・連帯保証人 不要
・利子 無利子
 ※返済期限までに返済が完了しない場合、残元金に対して年3%の延滞利子が発生します。

申請方法等

緊急小口資金(特例貸付)のお申込みをご希望の方は、世田谷区社会福祉協議会ホームページ「新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお困りの皆さまへ(特例貸付のご案内)」をご確認ください。

※申請は、郵送による申し込みをお願いしております。申請書類を上記世田谷区社会福祉協議会のホームページにてダウンロードすることができます。 

※申請書類をダウンロード等することが難しい方は、下記受付窓口へお電話で書類請求してください。

お申込みに際して必要な書類等

(1)本人確認書類のコピー(健康保険証、運転免許証、パスポート住基カード 等)

(2)住民票(世帯全員が記載された発行後 3か月以内のもの)

(3)申請書類一式

(4)通帳又はキャッシュカードのコピー(振込口座の確認用 )

※(3)や詳細については、世田谷区社会福祉協議会ホームページをご確認ください。

※本貸付を申請する際に必要な「住民票・印鑑登録」等の交付等手数料が免除されます。詳細は、世田谷区社会福祉協議会ホームページをご確認ください。

緊急小口資金(特例貸付)の受付窓口等

窓口:世田谷区社会福祉協議会 ぶらっとホーム世田谷
住所:〒154-0004 東京都世田谷区太子堂1-12-40 グレート王寿ビル6階
電話:03-3419-2611
時間:平日9時~午後5時まで(土、日、祝日、年末年始を除く)

4.総合支援資金 生活支援費(特例貸付)

この度の新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお困りの世田谷区民の方を対象に、緊急小口資金等の特例貸付を実施します。

特例貸付には「緊急小口資金」と「総合支援資金生活支援費」の2種類があります。
これらは東京都社会福祉協議会が行う貸付制度であり、世田谷区社会福祉協議会が受付事務を行っています。
「緊急小口資金」と「総合支援資金 生活支援費」は、同時に申請することができません。各制度の内容をご確認のうえ、ご希望の制度にお申込みください。

※詳細は、世田谷区社会福祉協議会ホームページ「新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で生活資金にお困りの皆さまへ(特例貸付のご案内)」をご確認ください。

【引用元・その他詳細】
緊急小口資金等の貸付(特例貸付)

貸付対象

・貸付額 二人以上世帯:月額20万円以内、単身世帯:月額15万円以内
・貸付金交付 申請手続き完了から交付まで、最短20日
・貸付期間 原則3か月以内
・措置期間 1年以内
・返済期間 10年以内(120回以内)
・連帯保証人 不要
・利子 無利子
 ※返済期限までに返済が完了しない場合、残元金に対して年3%の延滞利子が発生します。

総合支援資金 生活支援費(特例貸付)の受付窓口

総合支援資金 生活支援費(特例貸付)のお申込みをご希望の方は、下記へお電話ください。

窓口 ぷらっとホーム世田谷
住所 東京都世田谷区太子堂1-12-40 グレート王寿ビル6階
電話 03-3419-2611(生活福祉資金担当直通)
時間 平日の午前9時~午後5時(土、日、祝日、年末年始を除く)

お申込みにあたって

  • ご世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者、または、罹患者との濃厚接触の可能性がある方がいらっしゃる場合は、ご来所になる前に必ず、「ぷらっとホーム世田谷」にご連絡ください。
  • 審査により貸付を行わないことがあります。また、虚偽の申請や不正な手段により貸付を受けた場合、貸し付けた資金を即時に返済していただきます。
  • 電話:03-5429-2360
  • 時間:平日午前9時~午後5時まで(土、日、祝日、年末年始を除く)

お問い合わせ

ぷらっとホーム世田谷
電話番号 03-3419-2611

世田谷区のコロナ給付金・減免支援制度のまとめ

こちらでは「世田谷区のコロナ給付金・減免支援制度」についてご紹介させていただきました。
生活や子育て世代の方に向けた支援制度があります。それぞれ新型コロナウイルス感染症によって困窮した方に向けたものなので、よく詳細をご確認ください。この他の支援制度については、世田谷区のホームページもあわせてご確認ください。

◆東京都では東京都 新型コロナウイルス感染症 支援情報ナビにて東京都の支援制度をご覧いただけます。お悩みの内容に合わせた支援制度であったり、テーマ別、キーワード検索、区市町村の情報をご確認いただけます。

ぐでまめ

ぐでまめです♪東京のいろいろな情報を発信していきたいと思います!ぜひあなたの生活にお役立てください(*´︶`*)よろしくお願いします!

関連記事