東京をすみずみまで住みよく楽しむためのウェブマガジン

【むくみ・冷え解消】痩せ「ストレッチ」でダイエット促進!

「痩せたい!」「太ってきたかも…」「ダイエットを頑張りたい」など、ダイエットは多くの方が考えることですが、なかなか前向きになれないのも本音です。
運動をした方がいいとは分かっていても、仕事で疲れたあとに走ったり、ジムにいくのは正直大変です。運動が苦手な方にとっては、激しい運動はやりたくないと思いますし、だからといって食事制限はリバウンドすることが多いので考えものです。

「どうしたらいいの~!」とお考えの方に、ぜひ行っていただきたいのが【ストレッチ】です!

手軽に隙間時間にも取り組みやすいストレッチは、運動着やシューズなどを必ず準備しなければならないわけではなく、その日、その時にすぐ取り組事ができます。

運動前の準備運動として印象的なストレッチですが、実はダイエットにもピッタリなので、ダイエットを考えている方や、ダイエットを頑張っている方も、ぜひ今日からストレッチを取り入れてみてくださいね♪

ストレッチのダイエット効果とは?

ストレッチ

そもそもストレッチとは「伸ばす」という意味があり、身体の節々の曲げ伸ばしを行うことで、筋肉をゆっくりと伸ばしていく動作になります。
筋肉のこわばりを解いてあげると、身体のコリやハリを和らぐだけでなく、全身の血液循環を促進することができ、ダイエットの大敵である【冷えやむくみ】を解消へと導いていきます。

身体の冷えや血行不良は、基礎代謝が下がってしまいます。すると脂肪燃焼がされず、痩せにくい身体になってしまいますので、冷え性は解消しておきたいところです。

さらに、ストレッチはゆっくりと呼吸を行うためリラクゼーション効果があり、ストレスを和らげることができます。ストレスによる食べすぎを防ぐことにも繋がるのです。
また、夜眠る前にストレッチを行うことで、良い睡眠を手に入れることができるといわれています。快適で質の良い睡眠は、痩せやすい身体を作るためにも重要な要素なので、睡眠もダイエットへ繋げていきましょう♪

ストレッチを行うタイミング

生活 アイキャッチ まち ストレッチ

ストレッチで痩せやすい身体づくりをすることができますが、ぜひストレッチを取り入れてほしいタイミングがあります!

お風呂の後にストレッチ!

ストレッチも、基本的には身体が温まっているときに行うのがオススメです。
そして1日の中で身体が温まっているタイミングが、お風呂のあとになりますので、ぜひストレッチで身体をリラックスさせていきましょう!
ストレッチにはリラクゼーション効果がありますので、お風呂のあとにストレッチを行い、寝ることができれば質の良い睡眠にも繋がります♪

朝にストレッチ♪

ストレッチは全身の血流を促進させることができます。朝にストレッチを行うことで、代謝があがり、日中の運動効果を向上させることができます。
通勤・通学中、仕事中、買い物など、何気ない日常の動作にも作用しますので、朝にストレッチを取り入れて、ダイエット促進だけでなく運動不足にもアプローチしてみてはいかがでしょうか♪

ストレッチをする際の注意点

ダイエット目的でストレッチを行うでも、ぜひ注意していただきたいポイントがあります!ストレッチ効果を向上するためにも重要なので、以下の点には注意して行ってください。

呼吸をとめず、ゆっくり深呼吸

ストレッチを行っていると、つい呼吸を止めてしまいがちですが、呼吸は止めないようにしましょう。
呼吸を止めてしまうと身体は緊張状態になってしまいます。すると筋肉がかたくなって、身体を和らげるのを阻害してしまいます。さらに、血圧も上がって身体に負担がかかってしまうので、鼻と口を使って、ゆっくりと深呼吸をしながらストレッチを行いましょう。
また、酸素をたっぷりと取り入れることで、全身の循環を促進させることができるので、呼吸は大切です♪

反動をつけない

ストレッチをする際、ついリズムを付けてしまう方がいらっしゃいますが、筋の損傷に繋がりやすくなるだけでなく、柔軟性の低下に繋がってしまいます。勢いや反動はつけずに、ゆっくりと少しずつ伸ばしてあげてください。

正しい姿勢&「気持ちいい」くらいで♪

日頃運動不足だった方が、ダイエット目的とはいえ無理にストレッチを行ってしまうと、痛みを引き起こしてしまうことがあります。
部位に負担がかかってしまい、ケガにも繋がってしまいますので、リラックスした状態でゆったりと深呼吸をしながら、ゆっくりと伸ばしていくようにしましょう。
「気持ちいいな」と感じる程度で行ってくださいね。

    ダイエットに◎お手軽ストレッチ

    では、痩せやすい身体をつくるストレッチをご紹介していきます!
    こちらでは、ダイエット促進にオススメなストレッチを3つに絞ってご紹介しますが、このほか運動不足解消にオススメなストレッチもございます。ぜひこちらも参考にしてみてください。

    ゴキブリ体操 【腕・お腹・脚】

    ストレッチ

    寝ながら出来るストレッチは、仰向けで両腕・両足を上げてプルプルと震わせるストレッチです。
    身体のこわばりを緩めて冷え性や肩こりの改善、むくみ解消、インナーマッスルにもアプローチできます!美脚効果にも◎

    【ストレッチ目安時間:1分】

    1. 仰向けに寝る
    2. 両腕と両足をまっすぐに天井に向けて上げる
    3. 両腕・両足をプルプルと小刻みに、震わせるように動かす

    <ポイント>
    ・両足と両腕を上げるのがつらい方は、軽く曲げて行いましょう
    ・全身の力を抜いて行いましょう
    ・腹筋で身体を支えるイメージで行いましょう
    ・小刻みに動かすことを意識

    寝ながらOK!【くびれ・お尻】

    寝ながらできるストレッチで、くびれだけでなくヒップラインを整えることも可能です!

    【ストレッチ目安時間:左右15秒×2回】

    1. 仰向けに寝る
    2. 右足を、左足をまたいで反対側におく
      ・左足は伸ばして、右足は90度に曲げる
    3. 右足の膝を床につけて、右足の付け根が伸びていることを確認
    4. 15秒間キープ
    5. ゆっくりと無理なく戻して、左足も同じストレッチを行う

    <ポイント>
    ・呼吸をゆっくり行いましょう
    ・膝が床につかなければ、無理なく近づけるようにする
    ・上半身は天井をみるように

    背伸びストレッチ【お腹・腰・肩】

    ストレッチ

    座って行うこともできますが、立って行うのがオススメのストレッチです。
    お腹に刺激を与えることができるストレッチで、腹筋を鍛えている方にもオススメなストレッチです。肩こりにもオススメで、全身の巡りを促していきます。
    【ストレッチ目安時間:7秒×5回】

    1. 足を肩幅くらいに開いて立つ
    2. 指を絡ませて両手を合わせます
    3. 両手をゆっくりと頭上へあげて、手のひらを天井に見せるようにします
    4. グイっと押し上げるように伸ばします。お腹はへこませます。
    5. 両腕を耳に近づけてキープ
    6. ゆっくりと元に戻す

    <ポイント>
    ・呼吸をゆっくり行いましょう
    ・顎を下げずに、前を見て行いましょう
    ・両腕を均等の力で伸ばしましょう
    ・腕をあげる際は、お腹にへこませます。

    ストレッチにおすすめグッズ

    ストレッチは、運動着や運動靴などが必ず必要なわけではないので、手軽に取り組める方法ではあります。ですが、グッズを使用すればストレッチ効果を向上させることができますので、ぜひ活用してみてくださいね!

    プロの手によるストレッチもおすすめ!

    アイキャッチ リラク ストレッチ

    ストレッチはお家でできる、手軽さがが大きな特徴です。ですが、自分では伸ばしきることができない部位もありますし、プロの手を借りることでより深層部からアプローチすることが可能です♪
    サロンによっては、ボディメイクを得意としているところや、美容目的のストレッチメニューをご用意しているところもあります。
    ぜひプロの手を借りて、よりダイエット効果を向上させていきましょう!

    まとめ

    今回は「【むくみ・冷え解消】痩せ「ストレッチ」でダイエット促進!」と題して、ダイエットにおすすめなストレッチをご紹介しました♪
    ご自身が思っているよりも身体はバキバキで硬くなっているため、いつの間にか痩せにくい身体になっていることが多いです。
    ストレッチを通して全身の巡りを促したり、柔軟性を上げてあげることで、痩せやすい身体を作っていくことができますので、ぜひ今日からストレッチを行ってみてはいかがでしょうか♪

    ぐでまめ

    ぐでまめです♪東京のいろいろな情報を発信していきたいと思います!ぜひあなたの生活にお役立てください(*´︶`*)よろしくお願いします!

    関連記事